手作りで指輪を作る!予算はいくら必要? | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

手作りで指輪を作る!予算はいくら必要?

今現在、付き合っている相手と結婚しようと考えると、婚約指輪や結婚指輪、結婚式など出費がかさむことばかりですが、こういったことは一生に1回なので、予算をケチりたくないと考える人もいるでしょう。
しかし、生活をしていくのがやっとでこういった指輪を購入できなかったり、同じ婚約指輪や結婚指輪を購入するのであれば、オリジナルで作りたいという人もいます。
そんなときにおすすめなのが、指輪を手作りで作ることです。

▼目次

指輪を手作りで作ると言っても既製品と見た目は変わらない

指輪を手作りで作ることを考えると、安っぽい指輪を思い浮かべてしまう人ってとても多いと思います。
しかし、こういった指輪はジュエリーを扱うことに慣れている職人の手によって仕上げられるので、既製品に劣ることはなく、安っぽくみられることもありません。
仕上がった手作りの指輪でも輝きは既製品のようで、ジュエリーショップで指輪を購入したときと同じ質感です。
というのも、手作りの指輪を作る工房では、高品質を重視しているためプラチナやゴールド、チタンなどのさまざまな素材が用意されているからです。
なので、予算を抑えても既製品のようにきれいで、豪華な指輪を手作りで作ることが出来ます。

金属によって予算も変わる

工房で用意されている指輪の金属の種類はプラチナやゴールドはもちろん、チタンやシルバーなどがあります。
もちろん、ジュエリーショップで使用されている素材を使っているため、人気の高い金属を使用するとなると予算よりも高くなってしまう可能性もあります。
しかし、手作りの指輪を作り始める前に、デザインや予算についての相談を工房側とするので、予算よりも多額の料金を支払わなければならないということはありません。
予算に沿って作れるかを確認してくれるので、手作りの指輪を作り始める前にいろんな相談に乗ってもらうといいでしょう。

石の大きさや留め方によっても予算が変わる

婚約指輪や結婚指輪というと、ダイヤモンドや誕生石などの石を入れたいという人が多いです。
ダイヤモンドや誕生石の大きさはカラットによって料金が異なるので、大きい石を入れたい場合は予算を高く見積もっておいたほうがいいでしょう。
特に婚約指輪の場合は、大きなダイヤモンドを入れることが多いので、たくさんの予算がかかると思っておいたほうがいいと考えられます。

手作りの指輪を作る!いくらで作れる?

手作りの指輪を作る場合、婚約指輪を作るのか結婚指輪を作るのかによって料金が異なります。
それは婚約指輪の方がゴージャスになるようにデザインをする人が多いからで、逆に結婚指輪の場合はシンプルにデザインする人が多いため料金が異なるのも当然です。
では、実際にいくらくらいで作れるものなのでしょうか。
婚約指輪の場合は1本で10万円〜高くても15万円程度、結婚指輪の場合は5万円〜10万円程度だと言われています。
しかし、手作りの指輪が作れる工房によっては、かなり格安で作れるところもあり1本が3万円代で作れるところもありますよ。

ペアリングで手作りの指輪を作る場合はいくら?

先ほどは1本当たりの価格をお教えしたのですが、ペアリングとして手作りの指輪を作る場合は2本で5万円〜7万円程度の予算で作ることが出来ます。
当然、女性の指輪の方が小さくて素材を使用する量が少ないため、男性の指輪よりは安くなるのですが、男性の指輪でも3万円強〜4万円程度で満足する指輪を手作りできます。
この予算にはオプションとして彫刻や刻印を施した料金が含まれているので、最低でも5万円〜8万円程度はペアリングを作る予算として考えておきましょう。

手作り指輪を自分で作るときのメリット

手作り指輪を自分で作る場合は、自分が用意できた予算に合わせてデザインが可能ということです。
予算に見合わないデザインを考案してしまっても、後からデザインを考えて変更することも出来ます。
自分がデザインした指輪が思っていたより高額になってしまっても安心で、ダイヤモンドの数を減らしてもらったりオプションを変更したりして、予算に合わせていくことも可能です。
また手作りですとお得に指輪を作ることも可能です。
安いけれどもこだわりのある手作りの指輪がほしい人にもおすすめです。

オーダーメイドとセミオーダーの違い

手作りの指輪といってもオーダーメイドで作れる指輪と、セミオーダーで作る指輪があります。
オーダーメイドというのは1から完全オリジナルで作れる指輪のことで、セミオーダーはリングの形や素材、石などの各パーツから好きなものを選んで、好みのデザインを完成させていく方法です。
主に、手作り指輪というのはオーダーメイドで作るものを表していて、自分でデザインした指輪を自分で作っていくことを意味しています。

一方、セミオーダーの場合はデザインや素材などを指定されたものから選んでいき、自分の好きな指輪を手作りできます。
セミオーダーの場合も仕上がるまでに1ヶ月程度の期間がかかってしまうので、デザインで悩んでいる場合に利用した方がよさそうです。
オーダーメイドであればデザインを自由自在に出来るので、セミオーダーを選ぶよりはオーダーメイドで手作り指輪を作るのがおすすめです。

手作りの指輪をオーダーメイドで作る場合は、インターネットから情報を収集して人気のデザインを確認してからデザインを考えるのもおすすめです。
既製品を購入するよりもコスパが良くて、尚且つ世界に一つだけの指輪を作れるので手作りの指輪は幅広い世代から注目されています。

安い手作り指輪をつくるならおすすめのお店はこちら

新着情報

結婚指輪ルビーの魅力

結婚指輪にルビーはアリ?

結婚指輪といえばダイヤモンドをあしらったものが一番ポピュラーですが、人と違った宝石にしたいと考えているのであれば、ルビーがおすすめです。

ルビーは、熱情・情熱・純愛の意味を持ったパワーストーンの一種で、お互いに永遠の愛を誓って渡し合う結婚指輪に最適な宝石なのです。

ルビーはお守りになる?

ルビーは、真紅の輝きを持つ神秘的な宝石です。

ダイヤモンドやサファイヤ、エメラルドと並び、高価な鉱物として有名です。

このルビーには、お守りとしての意味合いがあり、無病息災を願って身に着けるケースもあります。
≫ 『結婚指輪ルビーの魅力』

結婚指輪購入口コミ「良い選択だった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

9

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

妻120,000 夫150,000

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

特にブランドにはこだわりがなかったので、結婚式場を予約した際に、割引優待が受けられるお店を選びました。

カタログで婚約指輪との重ね付けができる結婚指輪のデザインを見て、おしゃれでかわいいと思い、そのタイプから選ぶことにしました。

自分の指が華奢ではないので、指輪をはめて、指も指輪も違和感なくきれいに見えること、ペアリングなので、自分の希望のデザインが夫の指に合うかどうか、についてを次に考えました。

実際にお店ではめてみて、良いデザインを見つけることができました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「良い選択だった」』

結婚指輪購入口コミ「シンプルなので合わせやすい」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

18年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私も旦那さんも15000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

できちゃった結婚だったので、お金も無いけれど、指輪だけは欲しくて、大型スーパーのレジ中にある宝石店で、予算を伝えて、指輪をいくつか見せて頂き、ちいさなダイヤ?のようなものが入ったものが、可愛いらしく見えたので、すぐに決まりました。

指輪の内側に、それぞれ名前が掘れました。

私の指輪には旦那さんの名前、旦那さんの指輪には私の名前を掘ってもらいました。

シンプルなものが一番だと思い気に入っています。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シンプルなので合わせやすい」』

結婚指輪で後悔しないメーカー選び

結婚指輪で満足のいくものを選ぶためには?

結婚指輪は、たくさんのメーカーが、世間にブランドとしての名前を認知してもらうため、自社商品のブランディングに力を入れています。
無名のブランドから有名老舗ブランドまで、色々なメーカーがありますが、仕立てた後に後悔しないためには、まず、指輪そのものの価値を、ある程度見極められる目を持つことが大事だと思います。
≫ 『結婚指輪で後悔しないメーカー選び』

結婚指輪購入口コミ「値段も考えながら納得のいくデザインを選ぶのは大変でした」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

私 21万円 夫 18万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

デザインは人となるべく被らないような物を選びました。

また、指が綺麗に見えることから、V字型のデザインに決めました。

予算は特には決めておらず、私の気に入ったデザインを先に選び、後から主人がそれに合う同じようなデザインのものを選びましたので、元々のペアというわけではなく、二人とも一点ものの中から似たような物を選んだかたちになります。

私たちは婚約指輪を兼ねた結婚指輪を探しており、ダイヤがついているというのが条件でした。

結果、ハーフエタニティのようにいくつかのダイヤが並んでいるデザインを購入しました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「値段も考えながら納得のいくデザインを選ぶのは大変でした」』