手作りで指輪を作る!予算はいくら必要? | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

手作りで指輪を作る!予算はいくら必要?

今現在、付き合っている相手と結婚しようと考えると、婚約指輪や結婚指輪、結婚式など出費がかさむことばかりですが、こういったことは一生に1回なので、予算をケチりたくないと考える人もいるでしょう。
しかし、生活をしていくのがやっとでこういった指輪を購入できなかったり、同じ婚約指輪や結婚指輪を購入するのであれば、オリジナルで作りたいという人もいます。
そんなときにおすすめなのが、指輪を手作りで作ることです。

▼目次

指輪を手作りで作ると言っても既製品と見た目は変わらない

指輪を手作りで作ることを考えると、安っぽい指輪を思い浮かべてしまう人ってとても多いと思います。
しかし、こういった指輪はジュエリーを扱うことに慣れている職人の手によって仕上げられるので、既製品に劣ることはなく、安っぽくみられることもありません。
仕上がった手作りの指輪でも輝きは既製品のようで、ジュエリーショップで指輪を購入したときと同じ質感です。
というのも、手作りの指輪を作る工房では、高品質を重視しているためプラチナやゴールド、チタンなどのさまざまな素材が用意されているからです。
なので、予算を抑えても既製品のようにきれいで、豪華な指輪を手作りで作ることが出来ます。

金属によって予算も変わる

工房で用意されている指輪の金属の種類はプラチナやゴールドはもちろん、チタンやシルバーなどがあります。
もちろん、ジュエリーショップで使用されている素材を使っているため、人気の高い金属を使用するとなると予算よりも高くなってしまう可能性もあります。
しかし、手作りの指輪を作り始める前に、デザインや予算についての相談を工房側とするので、予算よりも多額の料金を支払わなければならないということはありません。
予算に沿って作れるかを確認してくれるので、手作りの指輪を作り始める前にいろんな相談に乗ってもらうといいでしょう。

石の大きさや留め方によっても予算が変わる

婚約指輪や結婚指輪というと、ダイヤモンドや誕生石などの石を入れたいという人が多いです。
ダイヤモンドや誕生石の大きさはカラットによって料金が異なるので、大きい石を入れたい場合は予算を高く見積もっておいたほうがいいでしょう。
特に婚約指輪の場合は、大きなダイヤモンドを入れることが多いので、たくさんの予算がかかると思っておいたほうがいいと考えられます。

手作りの指輪を作る!いくらで作れる?

手作りの指輪を作る場合、婚約指輪を作るのか結婚指輪を作るのかによって料金が異なります。
それは婚約指輪の方がゴージャスになるようにデザインをする人が多いからで、逆に結婚指輪の場合はシンプルにデザインする人が多いため料金が異なるのも当然です。
では、実際にいくらくらいで作れるものなのでしょうか。
婚約指輪の場合は1本で10万円〜高くても15万円程度、結婚指輪の場合は5万円〜10万円程度だと言われています。
しかし、手作りの指輪が作れる工房によっては、かなり格安で作れるところもあり1本が3万円代で作れるところもありますよ。

ペアリングで手作りの指輪を作る場合はいくら?

先ほどは1本当たりの価格をお教えしたのですが、ペアリングとして手作りの指輪を作る場合は2本で5万円〜7万円程度の予算で作ることが出来ます。
当然、女性の指輪の方が小さくて素材を使用する量が少ないため、男性の指輪よりは安くなるのですが、男性の指輪でも3万円強〜4万円程度で満足する指輪を手作りできます。
この予算にはオプションとして彫刻や刻印を施した料金が含まれているので、最低でも5万円〜8万円程度はペアリングを作る予算として考えておきましょう。

手作り指輪を自分で作るときのメリット

手作り指輪を自分で作る場合は、自分が用意できた予算に合わせてデザインが可能ということです。
予算に見合わないデザインを考案してしまっても、後からデザインを考えて変更することも出来ます。
自分がデザインした指輪が思っていたより高額になってしまっても安心で、ダイヤモンドの数を減らしてもらったりオプションを変更したりして、予算に合わせていくことも可能です。
また手作りですとお得に指輪を作ることも可能です。
安いけれどもこだわりのある手作りの指輪がほしい人にもおすすめです。

オーダーメイドとセミオーダーの違い

手作りの指輪といってもオーダーメイドで作れる指輪と、セミオーダーで作る指輪があります。
オーダーメイドというのは1から完全オリジナルで作れる指輪のことで、セミオーダーはリングの形や素材、石などの各パーツから好きなものを選んで、好みのデザインを完成させていく方法です。
主に、手作り指輪というのはオーダーメイドで作るものを表していて、自分でデザインした指輪を自分で作っていくことを意味しています。

一方、セミオーダーの場合はデザインや素材などを指定されたものから選んでいき、自分の好きな指輪を手作りできます。
セミオーダーの場合も仕上がるまでに1ヶ月程度の期間がかかってしまうので、デザインで悩んでいる場合に利用した方がよさそうです。
オーダーメイドであればデザインを自由自在に出来るので、セミオーダーを選ぶよりはオーダーメイドで手作り指輪を作るのがおすすめです。

手作りの指輪をオーダーメイドで作る場合は、インターネットから情報を収集して人気のデザインを確認してからデザインを考えるのもおすすめです。
既製品を購入するよりもコスパが良くて、尚且つ世界に一つだけの指輪を作れるので手作りの指輪は幅広い世代から注目されています。

安い手作り指輪をつくるならおすすめのお店はこちら

新着情報

結婚とお金

結婚にはお金がかかる

身も蓋もないことを述べるようですが、結婚にはお金がかかります。

特にお金がかかるのは、結婚指輪です。

ブランド品となると、目玉が飛び出るほどの価格がついている指輪も珍しくありません。

でも手作りの結婚指輪であれば、かなりの額を抑えることは可能です。

お金についての事柄は、なるべく避けたいものです。

しかし避けていると、いつまで経っても準備はすすみません。

借金はNG

結婚指輪をローンで購入する手があります。

ローンならば、多少高い指輪も手にすることができるでしょう。

実際にローンに対応しているお店も、幾つかございます。

ただ新婚早々に借金を抱えるのは、オススメできません。

結婚準備には、指輪以外にもお金がかかります。

これから末永く幸せに暮らすためにも、借金を抱えるのだけは控えて下さい。

≫ 『結婚とお金』

職人の手を借りて結婚指輪を手作りする

結婚指輪にかかるお金は?

大手ウェディングサイトによると、結婚指輪の平均購入額は2本合わせて21.8万円になるそうです。

内訳は女性用11.3万円・男性用10.5万円と、女性用の方がやや割高にあります。

もう少し細かく見ていきましょう。

購入価格で最も多いのが10万円~20万円で、全体のおよそ半数近くです。

次に多いのは、女性用なら10万円未満・男性用は20万円~30万円未満でした。

相場だけみると男性用よりも女性用の結婚指輪の方が、相場は少し上です。

でもデーターを見る限り、男性用の方が結婚指輪にかける費用が少し高めという夫婦も、少なくないのがわかります。

結婚指輪の価格の理由は?

結婚指輪が2つ合わせて20万円近くかかる理由は、色んな事柄が複雑に絡み合っているからです。

物の値段は想像以上に複雑な仕組みになっているので、簡潔に述べさせて頂きます。

結婚指輪を作るには、プラチナやシルバーの素材・宝石が必要です。

当たり前ですが、素材や宝石は業者から仕入れます。

業者は無料で提供しているわけではないので、いくらかお金を請求します。

≫ 『職人の手を借りて結婚指輪を手作りする』

結婚指輪購入口コミ「結婚式前に刻印をお願いした」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

各10万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

カルティエの1895ウェディングリング、プラチナ素材のものにしました。

婚約指輪をいただいたので、結婚指輪は2本とも私が購入することにしていたのですが、記念品ということで値段にこだわらずハイブランドのものにしようと決めていました。

また、常に付けていたかったので女性用も石なしのシンプルなものであることが絶対でした。

二人とも指が細いので太い指輪は似合わず、つけごこちも悪くなってしまうため幅2.5mm程度の細いものを探していました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚式前に刻印をお願いした」』

結婚指輪でルビーを選ぶ意味

結婚指輪の宝石はもともとダイヤモンドじゃなかった

結婚指輪の起源は古くまでさかのぼります。

9世紀にはローマ教皇ニコラウス1世が、結婚指輪が結婚の証として認めました記録が残っています。

ただし当時の指輪には、ダイヤモンドが飾られることはなかったようです。

ダイヤモンドは非常に硬い鉱物で、技術が未熟な時代では加工することもままならないからです。

ダイヤモンドが宝石として扱われるようになったのは、カット技術が進歩した15世紀頃からです。

ということは、ダイヤモンドが宝石として扱われる以前は、それ以外の宝石が結婚指輪に飾られていたことになります。

結婚指輪として使われていた可能性の高い宝石はルビーです。

ダイヤモンドよりやや劣るものの十分に硬い鉱物ですし、血のように赤い色は「愛」に通じる色です。

≫ 『結婚指輪でルビーを選ぶ意味』

結婚指輪購入口コミ「デザインだけでなく日頃の使いやすさ」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

3年目

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

15万

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まず、婚約指輪を自分がほしいデザインのものを撰んで購入することになりました。

結婚指輪を他のブランドにするか悩んだのですが、婚約指輪を購入したところが、とても丁寧な対応でシンプルなデザインが気に入ったので、結婚指輪は婚約指輪と重ね付けすることを考えて、セットで使ってもきれいに見えるようにと考え、決めました。

予算は、できるだけ抑えたかったのと、ダイヤなどの石は無いデザインが欲しかったので、シンプルなものになりました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「デザインだけでなく日頃の使いやすさ」』