手作りの指輪をセミオーダーで作る!選び方と予算について | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

HOME » 手作り指輪のお金の話 » 手作りの指輪をセミオーダーで作る!選び方と予算について

手作りの指輪をセミオーダーで作る!選び方と予算について

手作りの指輪でもオーダーメイドでデザインを決める場合、具体的なデザインが思い浮かばないという場合もあるでしょう。
そんなときは、工房に用意されている指輪のカタログからデザインを決めていくのもおすすめですが、セミオーダーで手作りするのもおすすめですよ。
セミオーダーでも自分の手で指輪を手作りできるので、デザインに悩んでいる場合はセミオーダーで手作りの指輪を作ってみましょう。

・セミオーダーは3つのタイプからデザインを選ぶ
セミオーダーで作る手作りの指輪は、ストレートタイプやウェーブタイプ、Vラインタイプから1つのデザインを選んでいきます。
その後、彫刻やモチーフなどの模様を入れたり、素材も選ぶことが出来ます。
打ち合わせから作業までは2時間程度で作れるので、作業時間などに関してはオーダーメイドの手作りの指輪とほぼ変わりません。

・セミオーダーとオーダーメイドは何が違うの?
作業ではワックスと言われるロウを削って、指輪の原型を作っていくのはオーダーメイドと同じです。
ヤスリで簡単に削れるので、初めて手作りの指輪を作るという人でも安心です。
では、セミオーダーはオーダーメイドと何が違うのでしょうか。
セミオーダーの場合は指輪の土台となるデザインが3つと限られているため、オーダーメイドのような自由さはありません。
セミオーダーの場合も仕上がるまでに1ヶ月程度の期間がかかってしまうので、デザインで悩んでいる場合に利用した方がよさそうです。
オーダーメイドであればデザインを自由自在に決められるので、セミオーダーを選ぶよりはオーダーメイドで手作り指輪を作るのがおすすめですよ。

このように手作りの指輪を作るときはセミオーダーで作る場合と、オーダーメイドで作る場合があります。
セミオーダーで指輪を手作りする場合、工房によってはコースが用意されていることもあります。
プラチナコース、ゴールドコース、シルバーコースなどによって予算が違ってくるので、どんな指輪を作りたいかでコースを決めましょう。
コースの予算としては基本料金にオプション加工代がプラスされるので、予算を事前にスタッフに話しておくといいと思います。