プラチナかゴールドか | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

HOME » 手作り指輪のお金の話 » プラチナかゴールドか

プラチナかゴールドか

結婚指輪を手にする上で必要なこと

結婚指輪を手にするには、主に購入か手作りの2種類あります。どういう形で手にするかは、購入・手作りそれぞれに変わります。しかし購入にしろ手作りにしろ、予め決めておかなければならないのが「材料」です。
結婚指輪に使われる材料として代表的なものは、プラチナでしょう。しかし最近は、ゴールドを結婚指輪に用いるケースも増えてきています。プラチナとゴールド、果たしてどちらの材料を選べば良いのでしょうか。

定番ならプラチナ

これぞ”定番”という結婚指輪を望んでいるのなら、やはりプラチナでしょう。プラチナは結婚指輪の代名詞的な存在で、白く輝く姿は汚れのない愛情を意味します。また日常生活で使うことを考えると、プラチナは最適です。変質変色しにくい材質をしているため、取り扱いも簡単です。
また何年か後にして体型が変わり、指輪のサイズが変わることもあるでしょう。指輪のサイズ直しは材料によって難しいものもありますが、プラチナは比較的にサイズ直しが可能です。

個性を出すならゴールド

人と違う結婚指輪を望んでいるのなら、ゴールドがおすすめです。ゴールドの結婚指輪の人気が高まってきたのは最近になってからで、一昔前はほとんど見られませんでした。ゴールドは見た目もゴージャスで、華やかさがあります。またゴールドは「成功」を意味することから、縁起の良い材料でもあるのです。
なおゴールドの結婚指輪の中には、比較的シンプルなデザインのものも含まれています。普段遣いとして用いるにも、ゴールドはおすすめです。

迷っているなら2つを選択

ゴールドかプラチナか、どちらの結婚指輪を選べば良いのかわからないのなら、2つが混ざりあった結婚指輪はいかがでしょうか。実は結婚指輪の中には、プラチナとゴールドの2種類の材料が使われている指輪もあります。プラチナとゴールドの色違いを見事に利用して生み出された模様は、独特でありながらも素敵な指輪を形作っています。
結婚指輪に、「絶対」というルールは存在していません。2人がお互いに納得した上で、最高の結婚指輪を選んで下さい。