手作りの指輪はアリ?なし?高品質でも予算が抑えられる理由 | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

HOME » 手作り指輪のお金の話 » 手作りの指輪はアリ?なし?高品質でも予算が抑えられる理由

手作りの指輪はアリ?なし?高品質でも予算が抑えられる理由

最近では、手作りの指輪を作る人が増えていて、その流行りに乗りたいと思っている人も多いと思います。
しかし、中には手作りの指輪って安っぽく見えるのではないかと思っている人も少なくありません。
手作りの指輪は予算を抑えられるとして人気があるのですが、安っぽく見えない理由は何なのでしょうか。

・指輪を手作りで作ると言っても既製品と見た目は変わらない
指輪を手作りで作ることを考えると、安っぽい指輪を思い浮かべてしまう人ってとても多いと思います。
しかし、こういった指輪はジュエリーを扱うことに慣れている、プロの職人の手によって仕上げられるので、既製品に劣ることはなく安っぽくみられることもありません。
仕上がった手作りの指輪でも輝きは既製品のようで、ジュエリーショップで指輪を購入したときと同じ品質です。
というのも、手作りの指輪を作る工房では高品質を重視しているため、プラチナやゴールド、チタンなどのさまざまな素材が用意されています。

・手作りの指輪が人気の理由
ジュエリーショップで販売されているブランドの指輪は職人が1つ1つ手作りで、丹精込めて作られているため料金が高く手が出しずらいのが現状です。
しかし、手作りの指輪となると、プロの職人が仕上げのみを行うためコストを下げることができ、既製品の指輪よりも安く作ることが出来ます。
手作りの指輪でも素材は一般的なものを使い、プロの職人がしっかりと磨き上げてくれるため既製品に劣ることはないと言われています。
なので、予算を抑えても既製品のようにきれいで、豪華な指輪を作れることから手作りの指輪が人気となっています。

このように手作りの指輪でもプラチナやゴールドの素材を使うため、ジュエリーショップで販売されいる指輪と何ら変わりません。
予算を抑えられるのは職人が作業をする時間が最低限になるからで、品質、見た目ともに既製品に劣らない仕上がりになります。
最近では予算を安くしたいということから、婚約指輪や結婚指輪を手作りの指輪にする人も多いです。