手作り指輪のお金の話 Archives | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

HOME » 手作り指輪のお金の話

手作り指輪のお金の話

宝石入りの結婚指輪を安く手にする方法

宝石入りは高い

結婚指輪のお値段は、結婚指輪のデザインに大きく左右されます。シンプルデザインよりもゴージャスデザインの方が、価格は上。宝石がついてくれば、お値段はもっとかかるでしょう。
宝石つきの結婚指輪は、かなり映えます。でもお金がかかるとなったら、躊躇もするでしょう。そこで結婚指輪に宝石を入れるのを検討している人のために、お金がかからない宝石入りの結婚指輪をゲットする方法について解説します。
≫ 『宝石入りの結婚指輪を安く手にする方法』

手作り結婚指輪にかかるお金の話

結婚はお金がかかる

結婚にはお金がかかります。挙式費用・新居・新婚旅行も、当然お金が必要です。そして、手作り結婚指輪にもお金がかかります。
ネットでは「手作り結婚指輪は安い」と言われていますが、にわかには信じられない話。レビューを覗いてみると「思っているよりもお金がかかった」という、投稿も見られました。では実際に結婚指輪を手作りするには、いくらかかるのでしょうか。調べてみました。
≫ 『手作り結婚指輪にかかるお金の話』

手作り結婚指輪とお金と

手作り結婚指輪は夢があってお金もかかる

手作り結婚指輪は夢と希望が溢れています。しかし「お金がかかる」という現実があるのも、忘れてはいけません。中には材料も道具も全部そろえて、結婚指輪を作る猛者もいらっしゃるでしょう。ただ材料も道具も全て揃えたとしても、材料と道具を用意するだけでもお金はかかります。
では結婚指輪を手作りする場合、どのぐらいのお金がかかるのでしょうか。「手作り結婚指輪は値段が安い」と言われていますが、果たして事実なのでしょうか。検証してみました。
≫ 『手作り結婚指輪とお金と』

結婚とお金と…

結婚は夢があってお金もかかる

これから好きな人と共に過ごす、結婚。夢あふれる生活が待っていますが、同時に現実も待ち構えています。お金です。
挙式費用・新婚旅行費用・新居費用などです。そして結婚指輪も、かなりのお金がかかります。では具体的にどのぐらいのお金がかかるのでしょうか。
≫ 『結婚とお金と…』

結婚にはどれぐらいお金が必要か

指輪を手作りしたときの相場

最近は未婚の人や晩婚の人が増えていますが、その理由としては、やはり物価高や増税で生活が苦しいのに、不景気で給料が上がらないことでしょう。
このような人が増加している現在では、当然結婚をした際にどれぐらいのお金が必要になるのか気になると思います。

では、結婚指輪を手作りした場合には、どれぐらいのお金が必要になるのかを見ていきましょう。
結婚指輪を手作りすることによって、素材や宝石、デザインなどが自由に選べるようになります。

そのため、予算を削ろうと思えばかなりの削減が可能になります。
自由度の高さと思い出に残ることだけではなく、予算の削減が可能なところも、結婚指輪を手作りしたいと希望する人が多い理由です。

結婚指輪を手作りしたときの相場は、大体ペアで30万円前後となっています。
一生の思い出に残る結婚式で使う指輪なので、あまり予算を減らしたくないと思う人も多いでしょうが、相場を知っておくことで、結婚式などを含めてどれぐらいお金が必要なのか計算ができるため、知っておくべき内容だと言えるでしょう。
≫ 『結婚にはどれぐらいお金が必要か』

4°cの結婚指輪について

有名ブランドの結婚指輪が気になる

結婚にあたって指輪を用意する場合、自分たちで作るものから、プロが作った有名品まで、さまざまなものを選べます。
実際にそこで購入するかはともかく、有名ブランドの一品はどのようなものか、気になる方も多いでしょう。
ここでは全国的に有名なブランドである4°cの結婚指輪について、簡単にご紹介します。
≫ 『4°cの結婚指輪について』

手作り指輪に関するお金の話

結婚指輪にはお金がかかる

「結婚指輪はどんなのが良いのか?」と、頭を抱えて悩んでいる最中とおもいます。結婚指輪選びも大切ですが、お金についても無視できません。
結婚すると、想像以上にお金がかかります。せっかくだからと高価な結婚指輪を選ぶのもいいですが、指輪に力を入れすぎて他がおざなりになってはどうしようもありません。結婚指輪を選ぶ際に考えておきたい、お金について取り上げます。
≫ 『手作り指輪に関するお金の話』

手作り指輪に必要なお金

結婚指輪を手作りするとどれぐらいのお金が必要になるのか

結婚指輪を手作りした場合、やはりどれぐらいのお金が必要になるのか気になる人も多いでしょう。
もちろん選んだ素材や宝石、サイズやデザインによっても変わってきますし、どこの工房で手作りをするのかによっても変わってきます。

そこで結婚指輪を手作りしたときの平均的な料金を確認してみましょう。
例えばプラチナを使用してシンプルなデザインにしたとします。

宝石は使用せず、幅も平均的なサイズにした場合には、安ければ4万円前後で手作りをすることが可能です。
レディース用よりも若干メンズ用の方が効果になるのが一般的ですが、その差額は5千円から1万円ぐらいだと思ってよいでしょう。

ちなみにプラチナの指輪にダイヤモンドを0.1カラット使用した場合には、12万円から13万円前後必要になるので、宝石を使用するとかなり高くなります。
このように必要なお金がどれぐらいなのかを知っておけば、安心して結婚指輪を手作りすることができるでしょう。
≫ 『手作り指輪に必要なお金』

結婚とお金と結婚指輪と

結婚にかかる費用について

結婚全体にかかる費用は、およそ450万円です。「450万円も貯金ない」という声もあるでしょうが、あくまでも一例です。内訳は結婚式が300万円・結納式や婚約食事会で30万・結婚指輪と婚約指輪で50万・新婚旅行70万円です。1番お金がかかるのが、結婚式の350万円です。挙式と披露宴だけでなく、招待客や衣装代・ギフト代込みの値段。
なお450万円は、あくまでも結婚式の費用。2人の新居代や引っ越し費用は含まれていません。
≫ 『結婚とお金と結婚指輪と』