手作り指輪のお金の話 Archives | ページ 2 / 4 | 結婚にまつわるお金の話 手作り指輪の場合

HOME » 手作り指輪のお金の話

手作り指輪のお金の話

結婚とお金

結婚にはお金がかかる

身も蓋もないことを述べるようですが、結婚にはお金がかかります。

特にお金がかかるのは、結婚指輪です。

ブランド品となると、目玉が飛び出るほどの価格がついている指輪も珍しくありません。

でも手作りの結婚指輪であれば、かなりの額を抑えることは可能です。

お金についての事柄は、なるべく避けたいものです。

しかし避けていると、いつまで経っても準備はすすみません。

借金はNG

結婚指輪をローンで購入する手があります。

ローンならば、多少高い指輪も手にすることができるでしょう。

実際にローンに対応しているお店も、幾つかございます。

ただ新婚早々に借金を抱えるのは、オススメできません。

結婚準備には、指輪以外にもお金がかかります。

これから末永く幸せに暮らすためにも、借金を抱えるのだけは控えて下さい。

≫ 『結婚とお金』

職人の手を借りて結婚指輪を手作りする

結婚指輪にかかるお金は?

大手ウェディングサイトによると、結婚指輪の平均購入額は2本合わせて21.8万円になるそうです。

内訳は女性用11.3万円・男性用10.5万円と、女性用の方がやや割高にあります。

もう少し細かく見ていきましょう。

購入価格で最も多いのが10万円~20万円で、全体のおよそ半数近くです。

次に多いのは、女性用なら10万円未満・男性用は20万円~30万円未満でした。

相場だけみると男性用よりも女性用の結婚指輪の方が、相場は少し上です。

でもデーターを見る限り、男性用の方が結婚指輪にかける費用が少し高めという夫婦も、少なくないのがわかります。

結婚指輪の価格の理由は?

結婚指輪が2つ合わせて20万円近くかかる理由は、色んな事柄が複雑に絡み合っているからです。

物の値段は想像以上に複雑な仕組みになっているので、簡潔に述べさせて頂きます。

結婚指輪を作るには、プラチナやシルバーの素材・宝石が必要です。

当たり前ですが、素材や宝石は業者から仕入れます。

業者は無料で提供しているわけではないので、いくらかお金を請求します。

≫ 『職人の手を借りて結婚指輪を手作りする』

結婚指輪購入口コミ「結婚式前に刻印をお願いした」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

各10万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

カルティエの1895ウェディングリング、プラチナ素材のものにしました。

婚約指輪をいただいたので、結婚指輪は2本とも私が購入することにしていたのですが、記念品ということで値段にこだわらずハイブランドのものにしようと決めていました。

また、常に付けていたかったので女性用も石なしのシンプルなものであることが絶対でした。

二人とも指が細いので太い指輪は似合わず、つけごこちも悪くなってしまうため幅2.5mm程度の細いものを探していました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚式前に刻印をお願いした」』

結婚指輪でルビーを選ぶ意味

結婚指輪の宝石はもともとダイヤモンドじゃなかった

結婚指輪の起源は古くまでさかのぼります。

9世紀にはローマ教皇ニコラウス1世が、結婚指輪が結婚の証として認めました記録が残っています。

ただし当時の指輪には、ダイヤモンドが飾られることはなかったようです。

ダイヤモンドは非常に硬い鉱物で、技術が未熟な時代では加工することもままならないからです。

ダイヤモンドが宝石として扱われるようになったのは、カット技術が進歩した15世紀頃からです。

ということは、ダイヤモンドが宝石として扱われる以前は、それ以外の宝石が結婚指輪に飾られていたことになります。

結婚指輪として使われていた可能性の高い宝石はルビーです。

ダイヤモンドよりやや劣るものの十分に硬い鉱物ですし、血のように赤い色は「愛」に通じる色です。

≫ 『結婚指輪でルビーを選ぶ意味』

結婚指輪購入口コミ「デザインだけでなく日頃の使いやすさ」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

3年目

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

15万

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まず、婚約指輪を自分がほしいデザインのものを撰んで購入することになりました。

結婚指輪を他のブランドにするか悩んだのですが、婚約指輪を購入したところが、とても丁寧な対応でシンプルなデザインが気に入ったので、結婚指輪は婚約指輪と重ね付けすることを考えて、セットで使ってもきれいに見えるようにと考え、決めました。

予算は、できるだけ抑えたかったのと、ダイヤなどの石は無いデザインが欲しかったので、シンプルなものになりました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「デザインだけでなく日頃の使いやすさ」』

0.5号の結婚指輪

結婚指輪のサイズの選び方

結婚指輪のサイズ決めは、なかなか難しいです。

なぜなら指の太さは、時間帯によって変わります。

また季節によっても変わります。

一番細い時間帯に測ってしまうと、いざ身に着けるときに小さすぎるということが起きます。

そういったことを防ぐために、アフターサービスで無料のサイズ変更を行っているジュエリーブランドも多いです。

ただしタイミングよく一番指が太い時間帯に、結婚指輪を選ぶのは非常に難しいです。

このためできることは、一番太い時間帯に合う、手持ちの指輪をもって結婚指輪を選びにいくことです。

他にもネットでレンタルできるサイズを測る専用のリングで、あらかじめ測っておくということもおすすめです。

また指は年を重ねるごとに太くなります。

≫ 『0.5号の結婚指輪』

結婚指輪購入口コミ「自分たちらしさを表現してくれる指輪」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

女性用¥62,000、男性用¥58,000

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

二人ともブランドには興味がなかったので、かける予算は二人で10万円程度と比較的低予算で検討していました。

年齢的にも、変に装飾が無くシンプルで落ち着いたデザインのものを選びました。

ただ一つも装飾がないのも寂しいので、女性用にはダイヤが入っているものにしました。

決め手は、その指輪に込められたコンセプトが、私たちの共通項である「海」に関わるものであったことです。

さらに、内側の刻印にミンサー模様が選べたことも、沖縄育ちの私には嬉しかったポイントの一つです。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「自分たちらしさを表現してくれる指輪」』

シャネルの結婚指輪

シャネルとは

シャネルを興したココ・シャネルは、日本でも有名な女性です。

彼女は女性の集まりで、これまで女性が着ないとされていたスーツを着るほど革新的な女性でした。

現代シャネルは、洋服・化粧品・香水・アクセサリー・時計と幅広いレディース商品を販売しています。

ココ・シャネルの「古い価値観に捕らわれない女性」という信念にのっとり、結婚指輪もかわいらしいものよりもスタイリッシュでおしゃれなものが揃っています。

シャネルの結婚指輪

シャネルの結婚指輪は、ビジネスウーマンのスーツ姿にも決まる指輪です。

シンプルでスタイリッシュな指輪が揃っています。
≫ 『シャネルの結婚指輪』

結婚指輪購入口コミ「重みのあるがっしりとしたデザイン」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

4

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫11万円、妻12万円ほどだったと思います。

お店のキャンペーンか何かで10%OFFくらいになった気がします。

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ポンテヴェキオの結婚指輪に決めました。

決め手のポイントになったのはブランド名です。

ポンテヴェキオはイタリアのフィレンツェにある有名な橋の名前です。

私たちはフィレンツェで結婚式を挙げたので、指輪が結婚の記念品のような感じも高まるような気がして購入を決めました。

もちろん、デザインや着け心地が二人とも下見をしたものの中で一番気に入ったので購入しました。

男性用のものは太くて重めのデザインしかないブランドが多いのですが、主人は細くて軽めのものが良いということで、

好みのデザインがポンテヴェキオで見つかったという理由もあります。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「重みのあるがっしりとしたデザイン」』

結婚指輪ルビーの魅力

結婚指輪にルビーはアリ?

結婚指輪といえばダイヤモンドをあしらったものが一番ポピュラーですが、人と違った宝石にしたいと考えているのであれば、ルビーがおすすめです。

ルビーは、熱情・情熱・純愛の意味を持ったパワーストーンの一種で、お互いに永遠の愛を誓って渡し合う結婚指輪に最適な宝石なのです。

ルビーはお守りになる?

ルビーは、真紅の輝きを持つ神秘的な宝石です。

ダイヤモンドやサファイヤ、エメラルドと並び、高価な鉱物として有名です。

このルビーには、お守りとしての意味合いがあり、無病息災を願って身に着けるケースもあります。
≫ 『結婚指輪ルビーの魅力』